看護師の夜勤専従勤務は人気がある?

看護師と言うと夜勤のある仕事というイメージがあります。しかし現在では、日勤専従や夜勤専従等、働き方の選択肢が多様化しています。これは日勤看護師の増加に伴い、夜勤専従体制が生まれたためです。夜勤専従勤務の場合、日勤に比べて高時給、高給な求人が一般的です。したがって夜勤専従勤務は、短期間で効率的に収入を得たいという看護師さんに人気があります。

また日中他の仕事をされている、日中は家庭の事情で働けない等、副業としてや夜の時間帯を効率的に活用したいと考える看護師さんにも人気のある働き方です。夜勤と言うと月に8回程度の勤務になります。しかし夜勤1回で3万5千円前後が相場といわれていますので、月8回全て勤務すると、28万円前後の月収となります。とても日勤8日間では得る事のできない収入です。夜勤の勤務中は暇なときと忙しい時の差が大きくなります。

暇な時にはこれほど効率的な仕事は無いということになりますが、急患や患者様の急変等への対応は夜勤の少ない看護師体制で失敗の許されないプロフェッショナルな対応が求められます。そのため看護師としての意識の高い方や向上心の高い方が夜勤専従看護師を希望する傾向があるようです。求人先探しはナースフルなどを見てみましょう。

夜勤専従の案件多数!看護師転職エージェントランキング!

ナースフル

ナースフル

転職のプロフェッショナル、年間100万人以上の転職活動を支援するリクルートグループの運営する看護師専門の転職支援サービスです。取扱病院件数は日本最大級の業界トップクラスで、夜勤専従求人も豊富に保有しています。

詳細はこちら

ナース人材バンク

ナース人材バンク

年間10万人以上の看護師さんが利用する転職サービスで、紹介実績はトップクラスです。全国の夜勤専従看護師求人からご紹介します。キャリアコンサルタントは看護師専門・地域専任ですので的確なアドバイスがもらえます。

詳細はこちら

マイナビ看護師

マイナビ看護師

多くの人材サービスを展開するマイナビグループの看護師転職エージェントです。全国にオフィスを展開しているので、エリアの求人をほぼ全て網羅しています。医療機関との強いパイプを活かした好条件の夜勤専従求人があります。

詳細はこちら

看護のお仕事

看護のお仕事

サポート力で選ぶのであればココというのが「看護のお仕事」です。イキイキと働ける好条件の夜勤専従看護師求人を、とことん見つかるまで親身になってサポートします。今なら転職支援金最大5万円プレゼントを実施中です。

詳細はこちら

看護プロ

看護プロ

お祝い金がもらえるということで人気の「看護プロ」。また、転職支援サービスも充実しているので、自分に合った求人探しから就任まで、専任コンサルタントがマンツーマンでサポートしてくれます。

詳細はこちら

夜勤専従看護師の求人数

日勤や深夜勤を含む一般的な病棟看護師の求人や日勤専門の看護師求人がほとんどで、夜勤専従看護師の求人は見つける事が難しいのではと不安に思っている方も多いと思います。日勤専従看護師の需要の多さにより、それを埋める為に夜勤専従看護師が確立されたと言われています。

よって現在は思っている以上に夜勤専従看護師求人は存在しています。看護師専門の転職エージェントでは、夜勤専従看護師の求人を一つの働き方のくくりとして取り扱っています。日勤専従や夜勤専従等、看護師さんの働き方の選択肢が広がり続ける現在では、夜勤専従看護師求人をこうしたサイトに相談をして探す事が可能になっています。夜勤専従看護師求人をひとつのカテゴリーとしている転職エージェントでは、数ある夜勤専従求人の中から選択することができます。

今後も転職する看護師の方々から日勤看護師への求人情報ニーズが高まる事が予想されます。したがって病院側からの雇用ニーズの増える夜勤専従看護師求人が充実してゆくでしょう。看護師専門の転職エージェント(ナースフルなど)でも、夜勤専従を充実させる流れにあります。夜勤専従看護師を目指そうと思っている看護師の方を後押しするような求人数となっていると言えるでしょう。

転職エージェントで夜勤専従の求人が見つかる

いざ夜勤専従で働きたいと思った時にタイミングよく求人を見つけられるでしょうか。日勤や深夜勤を伴う正看護師をされて来た方など、初めて夜勤専従を目指すのであれば求人の見つけ方を検討するところから始めなければなりません。

そこで役立つのが看護師転職エージェントの存在です。年々高まりつつある夜勤専従の雇用ニーズや看護師さん側からの求職ニーズに対応するべく、看護系転職エージェントでは夜勤専従看護師求人を一つの看護師求人のカテゴリーとして設けているサイトが増えています。まずは夜勤専従求人の対応をしている看護系転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

サイト内では、あなたの経験やキャリアーそして今後の展望をふまえて、数ある選択肢の中から希望にあった夜勤専従求人を選ぶ事が可能です。また初めての夜勤専従であれば、夜勤専従職に対する心構えや仕事の内容、個々の求人毎の職場の雰囲気などの情報を事前に吸収したうえで検討出来ます。一般には出回らない非公開の夜勤専従求人情報を得る機会にも恵まれます。転職エージェントではこれまで夜勤専従看護師求人の仲介を行って来た経験から、より具体的な転職例を聞く事も出来るでしょう。

夜勤専従の看護師になるメリット

診療所やクリニックでなければ病院に勤務している、看護師にとっては夜勤や残業は避けられません。特に夜勤での勤務は若い看護師でも、いくら慣れても辛いものがあります。まして体調を崩している時や、年齢を重ねると余計にきつく感じられます。またまだ小さな子供がいたり新婚で子供が欲しくて、不妊治療をしていたりするとできるなら夜勤はしたくないものです。

そのため看護師が離職したり、転職する理由のひとつに夜勤があります。しかし交代制でローテーションを組んでいた病院側は、看護師が離職したり転職するとたいへんです。すぐにでも次の看護師を補充しなければ、他の看護師のその負担が掛かってきます。そこで病院のなかには夜勤専従の、看護師を募集しているところ少なくないです。

しかし世のなかには夜勤専従として、働きたいという看護師もいます。では夜勤専従の看護師になるメリットとは何でしょうか。メリットとしては大きく3つあって、ひとつはズバリ収入が増えることです。どこの病院も夜勤がある場合は2交代勤務か3交代勤務になっていますが、夜勤の回数は月に9〜10回までとだいたい決まっています。

夜勤専従でも夜勤の勤務時間は1回に16時間なので、月に9回だと1ヶ月に144時間働くことになります。夜勤の場合には必ず深夜勤手当てが付くので、月に144時間の勤務時間でも月に30万円程度の収入もさほど難しくありません。もし都内の病院などであれば40万円以上の収入も夢ではありません。

夜勤専従の看護師になるもうひとつメリットが、勤務時間が少ないのでプライベートな時間が増えることです。さらに夜勤が明けてショッピングに出かけたり、役所や銀行などに用事がある場合でも平日なら必ず開いています。土曜日や日曜日の昼間に恋人や、友人と約束して遊びに行くこともできます。また夜勤専従看護師の求人数が多いのもメリットのひとつで、条件が良い求人を探すのもカンタンです。

いくら看護師不足でも自分が希望するような転職先を見つけるのはカンタンでありませんが、夜勤専従の看護師の求人に関してはいくらでもあります。そして人間関係の煩わしさも、夜勤専従の場合にはもとんどありません。最近では24時間体制の託児所がある病院も多いので、小さな子供がいる看護師の方でも夜勤専従は可能です。
夜勤専従の看護師の求人は多いのですが、転職エージェントでも非公開の求人案件になっている場合はほとんどです。そのためもし夜勤専従を希望するのであれば、転職エージェントに登録して担当者に自分の希望を伝えることです。

夜勤専従の看護師の常勤の求人

最近では様々な理由から夜勤専従の、看護師として働きたいという人が増えています。なかには結婚や出産で1度は職場を辞め、夜勤専従で仕事を探している看護師もいます。また夜勤専従で働く場合にもアルバイトやパートなどの非常勤と、常勤で働くふたつの方法があります。ただ夜勤専従の場合はパートでの求人のほうが多く、夜勤専従の看護師を常勤で募集している病院は少ないのが現実です。

これには理由があってルバイトやパートだと夜勤専従でも、病院側にしてみれば時給と夜勤手当だけで済むからです。しかし夜勤専従の看護師を常勤で雇うと基本給やボーナスが発生する上に、保険など福利厚生でも余計な費用が掛かります。そのため求人側の病院もできるだけ、出費を抑えたいというのが本音だからです。

ただ看護師の転職支援サイトで常勤の求人をあまり目にしないのは、一般にオープンにされていない非公開になっている求人が多いこともあります。これはあまり病院で働いている他の看護師に、求人条件を見られたくないのも非公開になっている原因のひとつです。病院のなかにはパートなどの非常勤で夜勤専従の看護師を採用しても、またいつ辞めるか分からない恐怖感があります。

そのために常勤での求人を出しているのです。しかし同時に条件面では夜勤専従の場合は働く時間や日数は少ない上に、給与は逆にアップするので他の看護師からの不満も恐れているのです。シフトによっても異なりますが、常勤での採用になれば通常の常勤看護師と比較しても給与は最低でも30万円前後で、大都市だと月給が50万円ぐらいの夜勤専従の看護師もいます。

これにボーナスが夏と冬の年2回支給されると、500万円〜650万円ぐらいの年収になります。ただ病院側の本音はパートで働く夜勤専従の看護師や、常勤であれば日勤もできる看護師が欲しいのです。そのため求人のなかには夜勤常勤と記載されていて実際には日勤もあるという、紛らわしいものもあるのでお問合せをする必要があります。

もし常勤の夜勤専従で本気で、働きたいのであればふたつの方法が考えられます。ひとつは転職支援サイトで探す方法ととりあえず夜勤専従のパートとして働き、ある程度してから常勤の夜勤専従で働きたいと病院側と交渉する方法です。病院側も多少は費用が掛かっても、あなたの勤務状況を評価すれば交渉に応じてくれる可能性はあります。

転職支援サイトで探す場合には担当者に、常勤の夜勤専従で求人があるかどうかを尋ねてみて下さい。もし自分が希望する求人がその時はなくても、転職支援サイトに登録していれば必ずいつかは見つかります