夜勤専従の看護師求人募集トップ > 144時間以内厳守夜勤専従の看護師の求人

144時間以内厳守夜勤専従の看護師の求人

病院のコンプライアンス、いわゆる法令厳守の考え方については、主に患者に対して積極的に取り入れられているところですが、患者の命を守る職員には、意外にもルーズに行われているケースが多いです。本来なら労働基準法に定められた最低限の法令は守っていても、厚生労働省の診療報酬入院基本料算定要件を逸脱して職員を勤務させてしまっており、かつそれに対して職員も文句が言えない状況は決して珍しいことではありません。いわゆる労働基準法の36協定を職員労働組合、もしくは労働者の代表者と結ばれていない、そもそも労働組合自体が存在しないという病院も多く、職員の労働条件の保全に対しては病院経営者しかチェックできないというところもあります。

厚生労働省の診療報酬入院基本料算定要件には144時間を超える職員の報酬要求はできないとされています。しかし、夜勤専従の看護師を病院が認めているケースが多く、この労働時間に抵触するのではないか疑問を思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、労働基準法には変形労働時間制を認めており、夜勤専従の看護師はそれに該当します。1週間に40時間以内の勤務を日によって組み合わせることができるため、16時間の勤務を繰り返すことも可能です。

では144時間以内厳守夜勤専従の看護師の求人を個人的に見つけることができるのかというと、おそらくできません。なぜなら、144時間を守っていることは病院側としては対外的には当たり前のように答えるだけであり、勤務実態としては別の話になるわけです。診療報酬請求の中でそれを行っていないとは公にすることはできませんし、人がいないから仕方なく、というのが病院側の主張なのでしょう。144時間以内を守れていない病院があるとすれば、人がなかなか定着しない病院もしくは、夜勤に対して日勤看護師が敬遠しているなどが考えられます。

そこで144時間以内厳守夜勤専従の看護師の求人を探す方法として、看護師転職エージェントの担当者を通じて病院の経営実態の情報を入手する方法があります。実際に144時間以内厳守夜勤専従の看護師の求人はあるはずであり、病院の内情を担当者から聞き、転職すべきかを判断するのです。担当者はそのことを病院に直接確認するわけではありません。そんなことをしなくても、転職エージェント側から送りこんだ採用者から採用後の勤務実態について直接ヒアリングをして情報を収集していきます。それによってかなりリアルな情報を手に入れることができるのです。

夜勤専従の案件多数!看護師転職エージェントランキング!

ナースフル



>>夜勤専従の看護師求人を特に多く持っている転職エージェントランキングを詳しく見る<<