夜勤専従の看護師求人募集トップ > 夜勤専従の看護師のボーナス

夜勤専従の看護師のボーナス

夜勤専従の看護師は給料が高いと思っている人が多いですが、実際にはいくら位なのでしょうか。夜勤専従の看護師の中には、パートの雇用形態で働く人と、常勤の人がいて、きちんとボーナスをもらって、託児所を活用して、夜だけ効率的に働いています。

夜勤専従の看護師としての転職をするときに、ハローワークに出向いて行たり、求人広告を見て仕事を探すのが普通ですが、ハローワークや求人広告で、働ける看護師を募集しているような病院は、労働条件や職場環境があまりよくなくて、ボーナスを貰えないような職場の場合が多いようです。

それで、看護士の資格を持つ人は、働ける場所は多いのですが、必ずしも良い条件で働けるとは限りません。どこかの病院に夜勤専従の看護師として就職すればそれで良いということも無いので、仕事の面で成功するためには、前もって働く職場の情報を集めておくことが重要です。そのため、夜勤専従の看護師の給料がいくら、また、夜勤専従の看護師の雇用形態について、いろいろな角度から見ていきましょう。

■夜勤専従は日頃の給料の割がいい

夜勤専従の看護師として働くことの利点は、給料が高いことで、夜勤をすれば夜勤手当がつくので、日勤で働くよりも貰える給料の率は高くなります。例えば、常勤で働く夜勤専従の看護師は、月に10回ほど病院での夜勤があるので、普段の給料に加えて10回分の夜勤手当がつくことになります。夜勤手当の平均は約1万円なので、夜勤専従で月10回夜勤に入ると、毎月の給料に加えて10万円を貰えることになります。

一方で、日勤と夜勤を繰り返す交代制勤務の看護師は、夜勤をするのが毎月4回程度になるので、夜勤手当は一ヶ月で4万くらいです。そのため、夜勤専従の看護師として働く人は、通常の勤務形態よりも、月に6万円以上も多い金額を貰えることになります。

■常勤と非常勤の違いによって給料は変わる

看護師として働く時に、常勤か非常勤かという働き方が重要で、勤務形態によって給料面では大きな違いが出てきます。といっても、給与を時間で換算すると時にはあまり差は出ませんが、差がでるのは各種手当てや、ボーナスの面で、病院で働く非常勤のスタッフにはボーナスの支払いはありません。

夜勤専従の看護師として働く時は、常勤と非常勤で仕事の内容に差はありませんが、給料の金額や、ボーナス、保証につて、福利厚生について考えるならば常勤で働く方が妥当でしょう。対照的に育児をしたいので少ない時間で働きたい人や、ライフワークを重視したスタイルであれば非常勤で働く方が効果があると言えます。

夜勤専従の案件多数!看護師転職エージェントランキング!

ナースフル



>>夜勤専従の看護師求人を特に多く持っている転職エージェントランキングを詳しく見る<<