夜勤専従の看護師求人募集トップ > 夜勤専従の看護師の自己PR

夜勤専従の看護師の自己PR

看護師の資格を持っている人が転職するときには、どの病院でも看護師が不足しているので、割と簡単に新しい職場を見つけることができます。さらに、看護師の労働形態にもいろいろあり、夜勤専従の看護師であれば少ない仕事の時間で高い収入を得られるので人気があります。夜勤専従の看護師はパートタイムで働く人と、常勤で働く2つのタイプに分かれています。 その中でもパートタイムで働くことは働きやすく、ストレスも少ないのでどこかの病院の夜勤専従の看護師として働く人は大勢います。しかし、夜勤専従の看護師の仕事を探す時には自己PRが重要です。

■自己PRの時には良い印象を与えるように心がける

看護師が自己PRをする時に心がけるのは、自分の良い点をアピールすることで、以前の病院での経歴を紹介して、それを活かして新しい職場で励んでいくことをアピールする必要があります。そのため、以前の職場では、仕事でどんな努力をしたのか、具体的にはどんな行動したのかをしっかり伝えて、自分の経歴を紹介しましょう。

さらに、自己PRの時には、新しく働く病院がどのような人材を求めているのかを理解して、病院の必要を満たすのに自分がどのように助けになれるかを、具体的に説明するようにして、好印象を与えるようにしましょう。自分の理想ばかりを語っても担当者にはわからないので、以前の経歴や体験を基にして、自分の良い点をアピールするにしましょう。

■その他に自己PRの時に気を付けること

自己PRの時には、ネガティブな内容を話すのは避けるようにしましょう。例えば、以前の職場で人間関係が上手くいかなかったので仕事を変えたとしても、人間関係に問題があったと消極的なことを話す必要はありません。むしろ、積極的な思考に切り変えて、周りの人と緊密になって働けるように、コミュニケーション能力を高めたいというようにポジティブな思考でアピールしましょう。

また、絶対に嘘はつかないことも大切で、自分の経験やスキルで嘘を言うのは避けるべきです。特に面接官は面接のプロなので、すぐに嘘を見破ることができます。たとえ、小さな嘘であっても、嘘はつかないようにして、変に誇張するのも避けるべきです。もしも、面接官に嘘や誇張が一つでも発見されると、そのほかの経歴や技術までも疑われかねないので、かえって不利になってしまいます。特に夜勤専従の看護師として働く人は、夜間に人が少ない中で働く必要があるので、経験と一定の技術が求められるので、真実だけを語るようにしましょう。

夜勤専従の案件多数!看護師転職エージェントランキング!

ナースフル



>>夜勤専従の看護師求人を特に多く持っている転職エージェントランキングを詳しく見る<<