夜勤専従の看護師求人募集トップ > 夜勤専従の看護師の健康管理

夜勤専従の看護師の健康管理

夜勤専従の看護師の仕事をするときに、夜勤を継続的に続けて体調を壊さないかと疑問に思う人がいます。仕事が夜勤ばかりになると、生活のスタイルが昼と夜とが逆転するので、夜勤が続くと体に影響が出ます。また、夜勤をする時はいつ睡眠をとるのかも考えなければなりません。

夜勤が続いたとしても、すぐに体調を壊すということはなく、意外にも生活にリズムが持てる人が多いです。しかし、夜が中心の生活スタイルに慣れるまでは、なかなか体が回復しないこともあるので、夜勤専従の看護師のとして働く人は自分に合った生活パターンを持っている必要があります。さらに、疲れた体を休めるためには、体調管理はとても大切なので、たとえ夜勤の日でも自分に合った時間に睡眠を取るように心がけましょう。

■健康管理のためには睡眠の確保が大切

夜勤専従で働く看護師が、午後4時から朝9時までのシフトで働いた場合にも睡眠の時間はしっかり確保するようにしています。多くの看護師は、朝帰宅してからまずは寝るという習慣があって、もしも夜勤が続くようであれば、ゆっくりと体を休めて、次の日の仕事に備えるようにします。

しかし、次の日が休みで、次の夜勤まで時間があるときには、帰宅してからまず2時間から3時間ぐらい寝て、一度起きてから家事を済ませて、夜になったらまた寝るという看護師もいます。夜勤のシフトがどのように入っているかで、連続で働く場合と、たまに夜勤が入る場合では間の時間にも違いがありますが、必ず睡眠の時間を取り分けるようにしています。

さらに、時間の取り方は自分の家庭の環境によっても違ってくるので、家族と同居していれば家事をする時間も家事の量も変わってきます。一人暮らしの人と比べると、子供を中心にして家事をこなす必要があるので、自分の時間が取りにくいことがありますが、しっかりと休養をとることは大切です。

■健康管理のためにはバランスの取れた食事が大切

本来ならば寝ている夜の間に仕事をすることによって、食事をする時間と食べる量が変わって来るので、食事の量によって体調を整えておく必要があります。夜の勤務をしながら食事を取るので、食事の回数が増えたり、食事の量が多くなることは必須なので、調整が必要になります。

食事に対する考え方は人によって異なり、夜勤のときは軽めに食べて、胃や腸への負担を少なくする人もいれば、夜勤は体力が勝負なのでしっかりと食べるという看護師もいます。どんな食事を取るかは、仕事の内容によっても変わってきますが、夜勤をしても必要な栄養素を補えるように、バランスの取れた食事をすることが大切です。

夜勤専従の案件多数!看護師転職エージェントランキング!

ナースフル



>>夜勤専従の看護師求人を特に多く持っている転職エージェントランキングを詳しく見る<<