夜勤専従の看護師求人募集トップ > 夜勤専従の看護師と子育て

夜勤専従の看護師と子育て

最近では、夜勤専従の看護師の人気があり、年々増加傾向にあります。その理由は労働時間が少ない割に、高い収入を得ることができるからです。中でも子育て中の人で夜勤専従の看護師になりたいと思う人が多くいます。日勤の看護師として働いている人は、帰宅してから子供が寝るまでの少しの時間しか子供と一緒にいることはできません。しかし、夜勤専従の看護師であれば、子供が寝ているうちに働いて、子供が起きている時には家で一緒に過ごすので、少しでも多くの時間を子供と共に使うことができます。

■夜勤専従の看護師の仕事時間

夜勤専従の看護師は、夕方の4時または5時から仕事が始まって、次の日の9時から10時に終わるので、1日の労働時間は16時間が勤務時間の目安になります。月ごとに勤務の時間を見ていくと、毎月8日から10日くらいの勤務になるので、1日の労働時間は長いですが、一週間で2日から3日働く程度で十分の収入を得ることができ、仕事以外の時間は家事や子育てに充てることができるので、子育て中の人には人気があります。

■子供の面倒を見てくれる人が必要

子育て中の夜勤専従の看護師にとって、家族の協力は無くてはならないものです。子育て中の母親であれば、自分が夜中に病院で働いている時間に子供の面倒を見てくれる人が必要になるので、夫と協力して交代で子供の世話をしたり、自分の親や、義理の親に助けてもらって、家で子供の面倒を見てもらう必要があります。

しかし、夜勤専従の看護師の中には、夫も自分の仕事が忙しかったり、両親は離れた土地で暮らしていたりして、なかなか家族の協力が得られない人もいます。さらには、シングルマザーの夜勤専従の看護師も増えているので、そういう人たちは、職場で子供の面倒を見てもらう必要があります。

そのため、子育て中の夜勤専従の看護師は、院内に保育所がある職場を探しましょう。院内の保育所ならば利用料が安く、出費を抑えることができるので家計も助かります。病院の中に保育所や託児所があると、仕事が始まる前に子供を連れて行って預けることができ、仕事が終わったらすぐに子供を迎えに行けるのも時間の節約になります。夜勤専従の看護師は、心身共々疲れる危険がありますが、院内に保育所があれば、夜勤が終わってから子供を迎えに行けるので、負担を減らすことができます。さらに、院内の保育所であれば、もし子供に何かあればすぐに知らせてもらえるので安心できます。

夜勤専従の案件多数!看護師転職エージェントランキング!

ナースフル



>>夜勤専従の看護師求人を特に多く持っている転職エージェントランキングを詳しく見る<<