夜勤専従の看護師求人募集トップ > 夜勤専従看護師の給料

夜勤専従看護師の給料

夜勤専従看護師として働く場合その給与事情はどのようになっているかという事は非常に重要ですね。まず夜勤専従勤務の場合、1回の夜勤につき給与が決められています。その相場は、夜勤1回につきおよそ2万円〜4万円といったところです。給与相場の上下で2万円もの差が開くのは、いくつかの理由があります。

まずどこで夜勤専従看護師として働くのかというところで差が生じます。大きく分けて一般病棟と高齢者医療施設等の福祉施設に分けられます。一般病棟の場合の相場は夜勤1回につき25,000〜35,000円が相場だそうです。一方福祉系になると夜勤1回につき20,000〜30,000円となります。

次に給与の支給形態によっても給与相場が異なってきます。3パターンの給与支給が考えられます。まず単純に夜勤1回単価×夜勤回数の場合。次に基本給+夜勤1回単価×夜勤回数。最後に基本給+夜勤1回単価×夜勤回数+諸手当といった具合です。1回の夜勤で40,000円と提示された求人であっても、単純に夜勤1回単価×夜勤回数の場合があります。1回30,000円の求人であっても、基本給や交通費等の諸手当が別途支給される場合もあります。給与条件の全体を良く把握し、そして自分自身がどれくらいのペースで夜勤が出来るのか検討して、その夜勤専従看護師の求人の給与が高いのか低いのか、また希望の範疇であるのか判断する必用があるでしょう。

一般的な看護師の給与相場は月収約32万円、賞与約83万円そして年収約460万円と言われています。夜勤看護師であっても勤務の仕方いかんによっては、30〜40万円の月収を得る事は可能でしょう。しかしそうなると月に9〜10回前後の夜勤となります。夜勤専従勤務では2交代性が主流ですので、1回で2日分16時間の長時間勤務となります。暇な時には問題ありませんが、患者の急変の対応等発生すると夜勤の少ない人数で対応しなければなりません。また賞与や他の手当が支給されないとなると、やはり深夜勤伴う正職員看護師の年収には及ばないというのが一般的な見方でしょう。

夜勤専従看護師の給与をどう捉えるのかということでも、その給与があなたにとって高いのか低いのか或は適正なのかという判断が異なってきます。家庭の事情で看護職を離職状態で収入がゼロであったのに、月数回の夜勤専従勤務によって収入が発生したというのであれば、効率的な高収入を得るということになるのです。

夜勤専従の案件多数!看護師転職エージェントランキング!

ナースフル



>>夜勤専従の看護師求人を特に多く持っている転職エージェントランキングを詳しく見る<<