夜勤専従の看護師求人募集トップ > 夜勤専従の看護師の転職市場の現状

夜勤専従の看護師の転職市場の現状

夜勤専従の看護師の転職市場の現状を知るには、まず夜勤専従の求人の動向から把握する必要があります。実は、夜勤専従の看護師はかなり前からありました。いわゆる夜勤だけのパート看護師です。そのほとんどは、もともと日勤で働いていた看護師が、家庭の事情などで雇用形態を変えて、夜勤のみで雇用を継続した人です。これはその施設で働いていた人の特権であり、夜勤の人手不足を解消する唯一の職員補充形態でした。しかし、最近では日勤看護師で家庭の事情を優先する人が多くなり、夜勤看護師を確保することが難しくなってきています。夜勤看護師の人員を安定して確保しないと、日勤看護師の夜勤勤務回数が変動し、看護師から内部不満などが噴出している実態があるようです。

夜勤専従の看護師の転職市場の現状としては、給与が高いため一つの求人に対して競争率が高いという点です。確かに最近夜勤専従の求人は増えてきているように思いますが、実際にはなかなか目にすることはできません。目にできても地方の病院だとか、住居地と照らし合わせて遠方であることが多く、都市部近郊の夜勤専従の看護師の求人はいまだ少ないのが現状です。その理由は、夜勤専従の求人は人気があり、かつ急募のケースが多く、一般公開されずに、看護師転職エージェントで非公開求人として扱われているケースが多いからです。

夜勤専従の看護師の転職市場の現状は、そのような背景から生まれてきたのですが、以前よりも潜在的看護師が増えていることから、転職者側としては意外にニーズのある転職形態になっています。特にシングルマザーだと日勤では短時間のパートしかできませんが、それでは収入を確保することができないため、お子さんが寝てから働く夜勤専従を考えている人が多いようです。ただし、やはりいまだ夜勤看護師はパートとして扱っている病院も多く、夜勤専従の求人を見つけることが難しい現状となっています。ただ、給与が高いからといって金銭的理由で始めた看護師は、すぐに辞めてしまう傾向にあるからです。日勤をしないで夜勤のみを行うことに看護師ならだれでも不安を覚えるでしょうし、実際に対応できずに退職というケースも多いからです。

病院側はすぐに辞めない人を探しており、看護師のスキルや意思などを確認して希望者を厳選したいと考えています。そこで夜勤専従の看護師の転職市場の現状として看護師転職エージェントの非公開求人で希望者を探す方法がとられています。非公開求人は看護師転職エージェントに登録し、担当者との希望採用形態などを確認したのちに、担当者から紹介される求人です。

夜勤専従の案件多数!看護師転職エージェントランキング!

ナースフル



>>夜勤専従の看護師求人を特に多く持っている転職エージェントランキングを詳しく見る<<