夜勤専従の看護師求人募集トップ > 夜勤専従の看護師の求人@沖縄

夜勤専従の看護師の求人@沖縄

沖縄でも看護師の求人はありますが、夜勤専従を認めている病院は限られてきます。大都市圏と違い、求人数が少なく、かつ情報発信の量が少ないことから、公開ベースの求人情報では、良い病院選びができないかもしれません。

沖縄県の病院数は入院設備を保有している病院を中心に集計した結果、101病院存在しています。そのうち、本土には94病院の病院があり、石垣島、宮古島は7病院と、大都市圏と比較してもそれほど多くの病院は存在していません。転職エージェントなどの情報を独自に集計した結果から、そのうち約3割程度が夜勤専従OKの病院であると考えられます。ただし、本土の病院は点在しているわけでなく、同じような地区にいくつか固まっていることから、土地の広さや病院数に比べて求人数は比較的多いです。また、夜間専従を認めている病院も他県と比較しても多いのは、やはり夜勤の働き手がいないからでしょう。

沖縄県の夜勤専従の看護師の求人の内容としては、基本給+夜勤手当として20,000円から25,000円が相場です。基本給の提示は、ほとんどの病院では夜勤手当を含めたものとなっており、夜勤手当込みで180,000円から320,000円と幅があります。この幅からは他県と比較することは難しいですが、夜勤手当については30,000円が相場であることから考えると、比較的安いといえます。

沖縄県うるま市では、通常の形態での募集ですが条件を満たすと夜勤専従という扱いになる求人があります。夜勤専従のお仕事を探している人だけでなく、実際に仕事をしてみたら夜勤でも十分働きやすく、お給料もいいので夜勤専従として働きたいと思った場合にも対応してもらえるケースです。最初から夜勤専従は心配だけれど、慣れてきたら夜勤の方が働きやすいなんて人もいるくらいなので、こうした制度が利用できるのは嬉しいところです。

沖縄県の夜勤専従の看護師の求人の特徴は、給与は安いものの多くの病院で夜勤専従の雇用形態があるということです。ただし、いきなり夜勤を行えるものではなく、試用期間の間で日勤を経験し、その後夜勤という流れになる病院が多いようです。そのため通常の形態での募集から、条件をみたすことで夜勤専従になれるという求人が存在しているのです。病院側としても夜勤を預ける人を厳選でき、働く側としても一度病院での仕事を経験してみてから検討できるというお互いにとってのメリットがあります。その分夜勤未経験の看護師をとても積極的に採用してるというわけではないので、ある程度の経験が必要であると言えます。

夜勤専従の案件多数!看護師転職エージェントランキング!

ナースフル



>>夜勤専従の看護師求人を特に多く持っている転職エージェントランキングを詳しく見る<<