夜勤専従の看護師求人募集トップ > 夜勤専従の看護師のバイト・派遣の求人

夜勤専従の看護師のバイト・派遣の求人

夜勤専従の看護師の働き方には常勤で働く以外に、バイトや派遣で働くふたつの方法があります。ちなみにパートとアルバイトの違いですがパートはパート労働法という法律で定められた働き方で、正社員より労働時間が短い人をパートタイム労働者と呼んでいます。これに対してアルバイトは労働時間よりも週1回とか、勤務日が限定されている働き方です。また派遣もバイトと同じ非正規の雇用ですが、派遣会社に登録して派遣先の病院などで働きます。

夜勤専従の看護師のバイトですが多くは結婚や出産などで看護師を辞めて、週1回とか2回程度のバイトを探しているケースがほとんどです。なかには常勤で働くことを辞めてバイトとして、夜勤専従として働いている看護師もいます。また多くはありませんが夜勤専従の、常勤の看護師も存在しています。ただ現実的には夜勤専従の常勤の看護師の求人は、少ないので見つけるのがたいへんです。

また夜勤がないクリニックや診療所に勤務していたり、企業で働いている看護師が夜勤のバイトをしている場合もあります。クリニックや診療所や企業の場合は夜勤がないので身体はラクですがその分どうしても給与が安いのが普通です。そのため1回3万円程度は稼げる夜勤のバイトを魅力的です。

もうひとつの働き方の派遣ですが、これは派遣会社にまず登録をします。もし夜勤専従を希望する場合には、登録をする時にその旨を派遣会社の担当者に伝えます。なかには夜勤専従を希望していたわけではなく、派遣会社から勧められて夜勤専従になった看護師もいます。基本的には病院で夜勤専従で働いている、常勤の看護師と仕事の内容は変わりません。

ただ病院の常勤の看護師の方が基本給に、ボーナスが出るので給与の点では有利です。派遣会社だとバイトと同じ、1回3万円程度の収入です。ただ派遣会社で働いていると派遣先の病院で、何かあった時は派遣会社が対応してくれます。またその病院との契約が切れても、派遣会社が次の仕事を紹介してくれます。

病院の常勤の看護師と業務内容が同じで給与が少ないなら、派遣会社で働くよりも病院で働いたほうがいいと思うかもしれません。しかし夜勤専従の看護師の求人は、バイトは多いのですが常勤の求人は少ないのです。そのため派遣会社で夜勤専従として働きながら病院側に直接、常勤として採用してもらうように交渉する看護師もいます。

夜勤専従の看護師のバイトや派遣の求人の探し方ですが、看護師専門の転職支援サイトに登録をすると紹介してくれます。病院の常勤の夜勤専従の看護師の求人は多くありませんが、バイトや派遣であれば転職支援サイトで見つけることは難しくありません

夜勤専従の案件多数!看護師転職エージェントランキング!

ナースフル



>>夜勤専従の看護師求人を特に多く持っている転職エージェントランキングを詳しく見る<<