夜勤専従の看護師求人募集トップ > 夜勤専従の看護師の募集時期

夜勤専従の看護師の募集時期

現在の医療現場は、どのようなところでも「人材不足」が問題になっています。それは、もはや日本の医療の慢性的な問題として常に取り上げられており、医療現場は「過酷である」という風潮が若い世代に広がりつつあるため、新たに医療を自身の道として志す人の確保も課題として挙げられています。ですから、夜勤専従看護師の募集時期は「一年中」といってもいいほど、各病院で募集が続けられています。

日勤の看護師が揃うだけではカバーしきれないという状況もあります。日勤と夜勤の両方こなすことができる看護師の人数にも限界があり、だからといって「両方できること」を前提に募集をかけてしまうと、そもそもの応募が少なくなってしまいます。ですから、それぞれ日勤が大前提、残業や超過勤務も少なめという条件と、夜勤専従というそれぞれの条件に分けて募集をかける場合が多いのが現実です。

そして、総数としては夜勤だけを希望する方というのはやはりまだまだ少なく、日勤で残業なしという安定したスタイルを好む方に人材が偏る傾向があります。そのため、これから夜勤限定にシフトしようと考えている方にとっては、仕事はいくらでもあると言ってもいいほど募集案件が多数存在しています。人材の需要と供給のバランスを考えると、夜勤だけという人材は貴重な人材として重宝されています。

福利厚生をウリとした安定した日勤看護師募集の裏には、必ずといっていいほど夜勤専門の募集があります。特に、新人を迎えたり人事交代が発生する春には、どの現場でも募集が出ます。もともと募集案件数が多い夜勤ですが、春の募集時期は特にニーズが高くなります。確実な内定を得たいのであれば、春を目指して募集を選定するのはひとつの有効な手段です。注意しなければいけないのは、求められているのが16時間勤務前提であるという案件が多いということで、もともとそのスタンスで案件を探すのであれば問題ありませんが、準夜勤や深夜勤のみでの応募を考えている方はある程度選定する必要があります。

人材として貴重な夜勤だけの勤務形態を大前提にすると、仕事の件数はある程度担保されているようなものです。ですから、ある程度看護師として勤務を重ねてきた方で、思い通りの転職活動を希望する方は、このようなスタイルにシフトするということはとても有効と言えます。勤務地やスケジュールをある程度自由に選び、高い確率で内定を受けることができるようになるというケースがとても多いからです。

夜勤専従の案件多数!看護師転職エージェントランキング!

ナースフル



>>夜勤専従の看護師求人を特に多く持っている転職エージェントランキングを詳しく見る<<