夜勤専従の看護師求人募集トップ > 夜勤専従を選択する理由

夜勤専従を選択する理由

これまで一般的であった日勤と深夜勤の変則シフトをこなす病棟看護師の他に、日勤専従、夜勤専従と、看護師の働く時間帯のあり方が進化しています。看護師の不足が叫ばれる中、看護しさん達にとっては売り手市場であり、自分の働きたい時間帯や職場の選択肢が拡大している状況にあります。

とりわけ日勤専従の看護師として働きたいという看護師さんの希望が高まっているようです。看護職の方のほとんどが女性であり、出産や育児、子育てや家庭との両立を考えながら、看護師の仕事をしなければならないと言う背景があります。そんな中で、家族と生活のリズムを合わせやすい日勤専従の希望者が増加しているというのは、うなずけます。

一方、雇用する病院側としては日勤専従看護師を採用する分、夜勤をする看護師を確保しなければなりません。そのような経緯から、夜勤専従看護師という働き方が生まれたといわれています。そして転職や復職を考える看護師さんの労働に対する考え方も幅広くなっています。空いた時間を日中ではなく、夜間とする看護師さんもいるのです。日中は家事や他の仕事や用件をこなすので時間がないが、夜間であれば働く事が出来るという考え方ですね。夜間のみ働く、副業として働くという理由があるのですね。

また夜勤専従と言うのは月にそう多く出来るものではありません。看護師の夜勤時間に関しては月に144時間という限度が設けられているため、月に8〜10回程度までの勤務になります。また月に数回の単発的な勤務や準夜勤の補充要員としての働き方もあることから、選び方によっては負担になりにくいのです。

夜間の看護専門業務と言う事で、時間に対する給与相場は日勤よりも高水準で設定されています。1回勤務で高いものは40,000円というケースもあります。看護師資格を活かして効率的に短期間で高収入を得られることも、夜勤専従看護師を希望する理由の一つとされています。

夜勤勤務は暇な時は、労働負担があるとは言えませんが、少ない人員で勤務する事になりますので急な患者さんの容態変化への対応は労働負担が重くなります。したがって看護師としての専門性の高さや、責任感、緊張感そして向上心のような要素が必用になってくるでしょう。意識の高さから夜勤専従看護師を希望される方もいるようです。こうみてゆくと給与が良い、効率的に稼げるという理由だけで、夜勤専従看護師を選んでいるのではないということが言えますね。

夜勤専従の案件多数!看護師転職エージェントランキング!

ナースフル



>>夜勤専従の看護師求人を特に多く持っている転職エージェントランキングを詳しく見る<<