夜勤専従の看護師求人募集トップ > 夜勤専従の看護師の短期の求人

夜勤専従の看護師の短期の求人

夜勤専従の看護師として働くときに、勤務日数が少ないにも関わらず、高い給料が見込めるので、若い人を中心にとても人気があります。看護師の仕事が大変だと思われている理由として、看護師は夜勤が多いことがあげられ、日勤と夜勤を2交代制で繰り返すと、睡眠のリズムが壊れてしまうので身体面で大きな影響を受けます。

しかし、夜勤専従の看護師ならば、一ヶ月の収入が40万円を超えて、年収で計算すると500万円になるので結構良い収入になることがわかります。この計算だと、1回の勤務で3万円から4万円の収入を貰うことができて、一ヶ月に40万円を超える収入になります。しかし、1ヶ月の収入が40万円を超えるようにした場合には、夜勤で働く回数が10回前後になるので、体への負担は覚悟しておかなければなりません。

体への負担を減らすために、1ヶ月から3ヶ月といった短期の期間限定で夜勤専従の看護師として働く人もいます。時間が取れる時に短期で夜勤の仕事をするならば、体には大きな負担になりません。また、病院としても、夜勤スタッフが慢性的に不足している状態なので、短期でも夜働ける看護師は大歓迎です。

■短期で夜勤専従の看護師をする時の注意点

短期の期間限定で夜勤専従の看護師として働きたい人は、職場を探す時にひと工夫必要です。特に、最初から短期しか働けずに途中で辞める事を決めているのに、そのことを言わずに長期間での募集に応募すると、採用した病院とトラブルになりかねません。それで、職場を探す時には、雇用形態として派遣もしくは単発での夜勤専従の看護師の求人を探した方が良いでしょう。

夜勤専従看護師の仕事は人気があるので、広告に載せられている求人情報はさほど多くありません。そして、短期間で働ける職場となると探すのは難しくなりますが、面接の時に交渉することで短期での勤務を承諾してくれる病院や介護施設もあります。まずは、転職エージェントを見て自分の関心がある病院や介護施設に面接に行って、相談してみることができるでしょう。短期であっても、定期的に一週間のうちに1日でも出勤することが出来れば、夜勤専従の看護師として仕事を探す幅が広がります。

■短期で働く時の利点

短期のバイトとして働くことの利点は、一般の病院だけではなく、老人病院や有料老人ホームなどの介護施設で働くことが多いので、複雑な医療行為や重傷者の看護などがほとんどないので、初めて仕事を始めた人でも、すぐに業務を覚えることができて、残業もほぼなく終えることができます。

夜勤専従の案件多数!看護師転職エージェントランキング!

ナースフル



>>夜勤専従の看護師求人を特に多く持っている転職エージェントランキングを詳しく見る<<