夜勤専従の看護師求人募集トップ > 夜勤専従の看護師の単発の求人

夜勤専従の看護師の単発の求人

夜勤専従の看護師を単発で申し込む人も多くいて、短期間でたくさんの収入を得たいと思ったり、将来のためにまとまったお金を貯めたいと思っている人には最適の仕事ということができます。夜勤専従の看護師として働くことは、生活のスタイルが夜中心になり、不規則になるために体にも負担がかかりやすい傾向がありますが、夜勤が終われば自由な時間を取れるというメリットがあります。

そのため、将来に向けて新しい資格を取るために勉強したり、日中は通学をすることもできます。さらに、女性が多い看護師の職場は人間関係で悩む人がたくさんいますが、夜勤であれば働く人も少ないので、人間関係で悩むことも少なくて済みます。たくさんのメリットがある夜勤専従の看護師ですが、単発で申し込む前にはどんなことを考えたらいいのでしょうか。

■夜勤専従の看護師のバイトは単発でも給料が高い

大きな病院で働く看護師はほとんどが二交代制なので、夕方5時から朝の9時までの16時間働く必要があります。正社員として日勤と夜勤を繰り返して働いている看護師であれば、一回の夜勤の時に、夜勤手当と給料を合わせると8000円から13000円をもらうことができます。

しかし、看護師が夜勤の単発バイトとして働く時には一回の夜勤で、15000円から2万円の給料を貰うことができ、最近では一回の夜勤で2万円を超える収入の病院も増えてきました。アルバイトとして考えた時に、2万円以上稼ぐためには、日勤帯の仕事を2日以上働かないと2万円にはならないので、一回の夜勤の収入が高額なことがわかります。

■夜勤専従の看護師のバイトは難しくない

夜勤専従の看護師のバイトを、単発で募集をしている病院は、ベットが少ない診療所や整形外科のクリニックで働くことが多く、難しい夜勤の仕事や重傷の看護などに対応することはほとんど無いので、精神面の負担もありません。それで、初めて夜勤の単発の仕事をする人でもあまり萎縮せずに夜勤の仕事を始めることが出来るのも魅力の一つです。

単発の夜勤バイトは、夜勤を1回するだけの仕事なので、空いた時間をうまく活用して、効率良くたくさんのお金を稼ぐことができます。そのため、単発の夜勤バイトをしている人の中には、普段は別の病院で働いている看護師でも、仕事が休みの時に単発の夜勤のバイトをしていることもあります。さらに、仕事の内容も複雑ではないので、家族旅行や買い物のために、まとまったお金がほしい人にはピッタリだと言えるでしょう。

夜勤専従の案件多数!看護師転職エージェントランキング!

ナースフル



>>夜勤専従の看護師求人を特に多く持っている転職エージェントランキングを詳しく見る<<