夜勤専従の看護師求人募集トップ > 夜勤専従の看護師のWワーク

夜勤専従の看護師のWワーク

看護師の求人をインターネットや広告雑誌で見ていると、Wワークでも働けると書かれている求人を多く見かけます。特に、夜勤専従の看護師の中にはWワークをしている人が大勢います。というのも、夜勤が終われば一日が自由になるので、空いた時間を有効活用したいと思う看護師もいます。

夜勤専従の看護師がWワークをする理由は人によって異なり、収入をもっと増やしたいと思う人もいます。また、看護師はゴールデンウィークや正月でも関係なく出勤する必要があるので、休みの日程が不規則です。そのため、せっかくの休みの日も平日で家族も友人も忙しいので、一人でいても暇だから仕事をするという人もいます。

夜勤専従の看護師は、勤務体制が2交代制なので、夜勤をした次の日の朝に仕事が終われば、家に帰ってからはほとんど丸1日が自由な時間になります。そのため、多くの看護師は自由な時間を有効に使って、Wワークで働いて、収入を上げることを目標にしています。

■Wワークで得られる収入について

夜勤専従の看護師は、日給に合わせて夜勤手当をもらうことができるので、給料が1回の夜勤で3万円をもらうことができ、月に9回働けば一ヶ月の給料は27万円になります。若くて独身、また子供もいない人ならば、空いた時間を有効活用したいので、昼間は介護施設で6時間くらい働くこともできます。仮に、時給が2000円だとすると、6時間で1万2千円を稼ぐことができ、毎月10日間働けば12万円の収入になります。このように、空いた時間を効率よく使って、Wワークをすれば、合わせて39万円以上の収入を得ることができます。

■Wワークではどんなアルバイトやパートができるか

夜勤専従の看護師が、Wワークをする時には、アルバイトやパートとして、病院での仕事やイベントなどの単発の仕事、あるいはデイサービスや訪問入浴などの介護関係の仕事をすることができます。これらは、どれも日中の仕事で残業もないので、夜勤に影響が出ずにWワークには最適です。

また、夏季プールの健診などの時期限定で行なう仕事もあり、これらの仕事は自分の時間がある時に、連絡して働けるので、休みの日を使って働くにはもってこいの仕事です。特に週1日から、1日4時間から働ける仕事はWワークに向いているので人気があります。夜勤専従の看護師が行うWワークでは、勤務日数や勤務時間が短いものが人気があり、月に数えるほど出勤すれば良いという仕事は人気があります。

夜勤専従の案件多数!看護師転職エージェントランキング!

ナースフル



>>夜勤専従の看護師求人を特に多く持っている転職エージェントランキングを詳しく見る<<