夜勤専従の看護師求人募集トップ > 夜勤専従の看護師の休み

夜勤専従の看護師の休み

夜勤専従の看護師が重宝される理由には、それぞれの病院ごとに72時間ルールが設けられているからです。この、72時間ルールでは、看護師の夜勤の時間は1ヶ月のうちに72時間を超えてはならないという決まりがあります。この決まりによって、看護師が過酷な現場で過労で倒れることがないように取り計らわれています。

しかし、夜勤の時間が1ヶ月のうちに72時間を超えてはならないということは、日勤と夜勤を交代で行う看護師は、毎月4回だけしか夜勤できないことになるので、夜に病院にいる看護師の数が減ってしまいます。そこで、夜勤で働く看護師を増やすために、それぞれの病院では、夜勤専門で働く夜勤専従の看護師を募集するようになりました。

■夜勤専従の看護師の休みについて

夜勤専従の看護師は仕事が忙しく、体力的にもキツそうなイメージがありますが、通常の日勤と夜勤を交代で行う看護師と比べると、休みの時間が多いことが分かります。日勤と夜勤を交代で行う看護師は、1回の夜勤の時間が16時間前後になるので、いつもは休んでいる時間に働かなければならず、体力的にとてもきつくなります。

この点で、夜勤専従の看護師はパートタイムなので、シフトを簡単に入れ替えてもらえます。また、月10回の夜勤を行えば、1ヶ月で10日の休みをもらえるので、日勤と夜勤を交代で行う看護師よりも休みの時間が増えて、さらには夜勤手当もでるので、少ない時間しか働かなくてもそれなりの収入を得ることができます。

■夜勤専従の1カ月の休日数はどれくらいか

日勤と夜勤を交代で行う看護師は、仕事が忙しく、勤務の時間も不規則で、残業は多いために家族と過ごす時間が足りないと感じている人が多くいます。彼女たちの多くは、仕事が中心の生活スタイルになっているので、独身の時には割り切れても、結婚をしてから子供が生まれて家庭ができると、より多くの時間を家庭に充てるように仕事を調整したいと思い、夜勤専従で働く人が増えています。

看護師としてある程度の技術がある人は、夜勤専従の看護師として働くことができ、1カ月のうち8回くらい夜勤をするだけで、夜勤明けが8日になり、残りの14日間は仕事をしなくてもよくなります。また、仕事の日で夜勤明けであっても、朝に仕事が終われば後は休みのように時間を自由に使うことができるので、日中はゆっくりと子供と一緒に過ごすことができます。日勤と夜勤を交代で行う看護師と比べると、夜勤専従の看護師は1カ月のうちの半数以上は休みのように感じるそうです。

夜勤専従の案件多数!看護師転職エージェントランキング!

ナースフル



>>夜勤専従の看護師求人を特に多く持っている転職エージェントランキングを詳しく見る<<